共用で利用する

カーシェアリングの注意点

必要な時に自由に車を使うことができるカーシェアリングは、駐車場代などで、車の維持費が高くなりがちな都市部に住む人に使われるようになってきました。登録さえしていれば、レンタカーよりも手軽に車を借りることができ、時間も選ばないカーシェアリングは便利ですが、注意しなければならない点もあります。それは予約制であることです。予約制であるため、休日や行楽シーズンなど、車を使う機会が増える時期には当然予約が埋まりやすくなります。また、日時は問題がなかったとしても、自分が希望する車種の予約が取れないこともあります。そのため、用途に合わない車しか確保できないということも出てきます。どうしても使いたいときには、早めの予約を入れるなどの工夫が必要になります。

会社ごとに異なるサービス

何かと便利なカーシェアリングですが、利用する上で知っておいた方がいいことがあります。まずはその会社のサービスの提供地域。多くの会社では、カーシェアリングを利用中に事故や故障などがあった場合、サービス提供地域であれば代車を用意してくれるサービスがあります。もちろん会社ごとに提供地域が異なりますので、自分の良く行く地域がサービス提供地域となっているかを下調べしておくと安心です。 また、カーシェアリングでは借りた場所に車を戻す、といういわゆるラウンドトリップ方式が一般的ですが、目的地に乗り捨てができる、いわゆるワンウェイ方式を取っている会社もあるということです。カーシェアリングは利用時間によって料金が決まることが多いので、目的地で数日過ごすような場合には、ワンウェイ方式の方が安く済むというメリットがあります。 例に挙げた以外にも、会社ごとに異なるサービスがあります。会社ごとの特徴を知ることで、自分に合った使い方ができるようになります。